2007-07

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

教えてやろうか?…オレの気持ちを。

舞い戻ってきましたよ…輪廻のはt(黙れよ)
骸はどっちかってーと「仄暗い水の底から」の方があってる気がする(だから黙れ)


何とか今週も生き抜きました!こんばんわ、ユラです。


5日ぶり…ですか…。
別に書類書いてたとかじゃないんですが…いえ、この3連休は確実に書類書きでつぶれますが…!

えと…すいません、うっかり腱鞘炎を最高酷くしまして、右腕が持ち上がらないほど痛いとかそんな状況にありました。
ちなみに、「日々、つれづれ」にヒュコナをアップしたあの日が一番軽い日だったんですよね…。
うふふ…もう本当いい加減右腕もぎたいぜ…!!

そんな状態でさらに自らを追い込むように仕事もってかえってきているあたりもう阿呆としか言いようがないですね!
でも家に持って帰ってやらないと終わらないんだよ…!!書類書く時間なんてかけらも作る気がない上司'sに期待するのはやめましたv


…連休は、おうちで仕事、頑張り、ます…。


とりいそぎ、生存確認を!
お前が生きてようと死んでようと倒れてようと地球は回ってるんだぜ?(はい?)(何言いたいのお前!)


さて、サイトは拍手更新してきま、す…!!
スポンサーサイト
entry_header

永遠なんかより、お前の笑顔が欲しい。

ハクレンはきっと、リアリスト。
何なんだよ、唐突に(しかもタイトルとのつながりが見出せねぇ…!!)


七夕って何それおいしいの?こんばんわ、ユラです。
現実逃避もほどほどにしとけ。


ハクレンはきっと、あの王子で紳士な容貌をもちながらすげぇリアリスト。夢がないんじゃなくて、現実主義者。そしておそらく、ヒュウガもアレで結構リアリストだと思うんだ。

切り捨てるときはばっさり切り捨てそうなんですよね、ヒュウガって。今、自分が見て触れて確かめたことしか信じないタイプかな、と。それを考えると、ヒュウガほど軍人に向いてる人間ていない気がするんですよね。冷酷に、残酷に…いっそすがすがしいほどに。
そんなヒュウガの人間的な弱さというか、支えなのがアヤナミとコナツであればいいと思う…というか、そうであってほしいなぁ。
自分が大切だと思うほんの一握りの人を守れればいいし、それ以上守りたいものを作る気もなさそうなヒュウガは、神様とやらが嫌いそう。
自分を信じ、助けを、救いを乞う人々すべてに手を差し伸べますよ、という存在である神とやらを、ヒュウガもフラウも嫌いそうです。
フラウが、信じたくて裏切られて、だけど少しでも信じたいのだといった感じなら、ヒュウガは元から信じてない感じ。それこそ某一行のアダルト組のように『神様がなにしてくれるっていうのさ』という。
大事な人達を守って自分にとっての幸せがそこにあるなら他はどうでもいい、みたいなヒュウガって、結構まっすぐで好きです。
一見お茶目全開で何も考えてなさそうなヒュウガですが、07キャラ中で、一番潔く自分の道を歩いている勇ましい男なのだと私は思ってるんですけどね(笑)

…だから、私は好きなのかな…ヒュウガが(突然の結論だな!)

だってヒュウガ、黙ってるとカッコイイですよね!!闘っているヒュウガも相当かっこいいですけど!!


まぁそんなワケで、お誕生日おめでとう、ヒュウガ!!
この前のヒュウガ論は前フリだったの!?(ううん、違うけど)


何かできたらしますが、8割は無理かな…(苦笑)


昨日はコンタクト作りに街まで行ってて相当時間をくって、買い物(家の食料etc)もしてこなきゃいけなくて、スーパーとか寄ってたら帰りが15時になって。
それからお昼食べて…乙女痛も5日目なのに相当酷く、お風呂入ったあとについに駄目だ、と自覚して、妹に夕飯任せて目覚ましかけて20時半まで寝てました。
何で20時半に目覚ましなのかといえば、家に持ち帰った仕事をするためであります!(何だその口調)
例の書類がたまりに溜まっていて、さ…。5枚1セットで1ロット分なのですが、これが…50ロット分溜まってまして、ね!(50×5=250枚)(計算したら頭痛くなってきた…!!)
今更職場で書類書く時間作ってもらったとて間に合わないのは目に見えているので、毎週10ロット分持ち帰って書くことだけでもしようと思って。判子押しは仕事場じゃないとできないから…!
というわけで、昨日も今日もお家で仕事してました☆
何が悲しくて休みまで仕事せにゃならんのか…(自分で決めたことだろ)(うん、分かってる…!!)

溜めたくて溜めたワケではないのですけど、結局自分が困るので、去年の二の舞だけは避けるべく、今、多少の無理をしてでも頑張ります…。
去年の二の舞=去年の8月、ブログから唐突に消えた件(詳細は8月27日)(仕事で徹夜とかもう本当イヤ…!!)


余談ですが、私は小1の夏休みに宿題を溜めて大変な思いをして以降、夏休みも冬休みもその最終日の苦しみを味わいたくないがためだけに、各種プリントやらドリルやらを一日決まったページ数だけこなしていました。だって最終日に泣きながら宿題やるとかホントイヤだったんだもの。(もの。じゃないよ)
あとで苦労するぐらいなら最初にその苦労をした方がマシだと思う女・響ユラ(今は書類とリクを溜めてるじゃねぇか!)(うっ…)


さて、気力があれば、またあとでバトンを投下しにきますね!
entry_header

失いたくないのは、お前だけだ。

もう一つ、「飢えてるんだ、お前に…な?(妖笑)」があったんですがお好きな方でお楽しみ下さいv
もう本気で「ハクレンに言われたい台詞」になってますよ、ユラさん。


ハクレンにも飢えてるけどね!こんばんわ、ユラですv


ああ…そういえばまだ零寒読んでないよ…!(早く読めよ)

リボーンのキャラソンはポエムらしいという話を、こないだの三つ巴イベント待ち時間中に話をしていたんですが、了平兄さんのポエムはきっと「極限!」が入ってるに違いないとか、獄寺君は「10代目!!」って言ってるよ!とかむしろツナへの想いだけしか語ってなさそうだとか、雲雀さんは「咬み殺す」とか言ってる、とか想像してましたが、ポエム、と聞いてその内容がある意味一番気になったのは誰であろうパイナポーこと骸氏。
何ていうか、骸にポエムって凄く似合うんじゃないだろうかと思う私は、最遊記の初期アニメオリジナルキャラ焔兄さんもポエマーだと思っていますv
つまり焔と骸は同類だと?(イエス!)

微妙だな…欲しいような欲しくないような…!!歌って欲しかったんだけどな!
でも本当、一度でいいから並盛メンバーで校歌歌ってほしいなぁ…。ああどうしよう…了平兄さんとか獄寺君とか歌詞覚えてなさそう…。獄寺君は覚えてるけど「歌ってられるか!」とか言って歌わなそう。山本武はきっと2番の前半くらいは覚えてるんだけどなーとか言って笑ってごまかしてそうだし。意外とツナがきっちり3番まで歌えるかもしれない(笑)
雲雀さんは言わずもがな、ですけどね。


歌といえば、テイトが歌ったので、今度はテイトとフラウが二人で、あのラグスの鎮魂歌を歌えばいいよ!とか思い始めた私はドリーマー…!!(何言ってんの)(寝ぼけてますか?)(おきてますけど)
というか、あのレクイエムはラグス語で歌われてるものなんだろうか…。
唐突に何なの!

ハクレンはバイオリンが弾けそうなのでお願いします!(誰に何を願ってるの!!)
ピアノを弾くハクレンとかもいいなぁ…。ハクレンにピアノを教わるとかトキメキものですね!きっと背後からこう……、ね!!(はい?)
「その指はそこに置くんじゃない…そう、そこだ。ピアノを弾くには綺麗すぎるな、お前の指は」とか背後から囁くような声で言われたらトキメキで死ぬと思うよ!!(今からでも逝けよ☆)


そうだ。
紗羅さんが、私の書いた「ハクレンに言われたい台詞」に反応して下さって、さらにあの一言でなにやらハクアリを書き上げたと書かれていたので、何かコレ対アリス嬢っぽい台詞だな、と思っていた私の考えが見抜かれていたかと思ってドッキリしました。
いや、別に意識して対アリス嬢仕上げにしたわけではないのですが、無意識下にある私のアリス嬢への愛がそうさせたのねvと、アリスちゃんにも紗羅さんにも傍迷惑なことを思ってみました。
ちなみに、「いい加減、覚悟を決めろ」は対象がアリス嬢でなく、何故かミカゲorテイトだったことを暴露します。アリス嬢でも全然オッケーですけどねvvv
多分、この台詞は…ハクレンへの想いを認めたくなくて最後の最後まで抵抗、しかしその抵抗もむなしく、ハクレンに壁際に追い詰められ両手首つかまれてちゅー寸前まで顔を近づけられながらの一言…だったり、そうじゃなかったり(はぁ!?)
お好きに想像してみてくださいv

というわけで、そんなシチュで「いい加減~」の台詞で小説を書いてみるといいかもしれませんよ、紗羅さんv(お前が書けばいいよ)(え、ハクテイで!?ハクミカで!?)(どっちでもいいんじゃないかな!)


そんな…バスティン様口調でしっとり口説かれたいです紗羅さんに!!(何言い出すんだお前)
私の書くハクレンを本当に好いて下さって嬉しい限りです…!!

そして、私の書くハクレンを好いて下さってる方々、大好きです…!!
そんなにいるのか?(…夢見たっていいじゃない!)(痛いよお前!!)



さて、ちょこっとサイト構ってきます!
entry_header

一瞬だけ…今だけでいいから、オレを想ってくれ。

「いい加減、覚悟を決めろ」とどちらがよかったのか…。
どちらのハクレンさんですか、ソレ。


ハクレンにはフラウとは違うタイプのいい男になってほしいと願うユラです、こんばんわv


二日目にして「ハクレンに言わせたい台詞」ではなく「ハクレンに言ってもらいたい台詞」と化していることに気づきつつ、コレはコレで私が楽しいのでいいか!と開き直った今日この頃、いかがお過ごしでしょうか(…は?)
ちなみに私に「フラウに言わせたい台詞」を考えさせると、おそらくほとんどがエロティカルかつアダルトな台詞になることうけ合いです。アヤナミ様にいたってはきっと鬼畜な台詞しかないに違いないよ、断言できる!(するなよ!)


シャワー浴びながら、リボーンが映画化してくれたら面白いのにな、とか思ってました。今本誌でやってる10年後編でもいいけど、オリジナルでちょっとシリアスならいいなー…とか。
映画予告とか「コレ、ホントにリボーン!?」とか思うようなシリアスな作りだったらいい!!とか(大丈夫ですか、響さん)
次回予告風とかよりもちょっと長い感じで!とか台詞だけ色々考えてしまっていました、守護者達の!(本気で大丈夫?)(大丈夫ですよ!)
あまりに痛いので隠してみましたv(なら書くなよ!)(欲求は抑えきれないんだよ!)


「右腕として…10代目を慕う人間として、ここだけは譲らねぇ!」

『お前らの任務はただひとつ。』

「悪ぃんだけど、オレの命はツナにしかやれないんでね」

『次期ドン・ボンゴレ10代目沢田綱吉を無傷で保護すること』

「沢田は返してもらうぞ!!」

『そして』

「やれやれ、分からないのかな?その人は、お前達が気安くふれていい人じゃない」

『ツナを攫った奴らの、殲滅だ』

「懺悔も許しも乞うな。その子に傷をつけた代償が何かは分かっているだろう。さぁ…覚悟はいいかい?」

『手加減はしなくていい』

「今は優しい幻(ゆめ)の中にいて下さい。これからここはちょっとした地獄になりますから…ね?」


『見せてやれ。大空を主とする守護者の強さと絆をな』



とかね!!
馬鹿ですか、アンタは。


すいません…!もう私本当に痛い!
誰がどの台詞か分かっていただけたら幸いですが、最後の二人の台詞はありえないとツッコんでみます。私が都合のいい夢見てるだけです。

…実は07でも似たようなこと考えたことあるとか暴露してみます。
確か、フラウとハクレンの台詞が凄いものだった記憶がありますが書き留めてないのでもう忘却の彼方です。
最遊記はそりゃもう色々考えました。むしろ今だって色々思いつきますが。


ふ…またくだらない脳内さらけ出したものになってしまった…(遠い目)


紗羅さんのサイトの拍手、何度読んでも萌えっとします。
追加されたものも本当実に私好みです。むしろ大好き…!有難うございます紗羅さんv(お前のためにアップしたんじゃねぇから!)
ちなみに、やっぱり私は紗羅さんのところのヒュウガを兄貴としてすごく好きだと認識しました。
ていうか、多分、本当にアリス嬢を妹として可愛がってるヒュウガが好きなんだな、私…!!


そうだ。
KIBA様から素敵過ぎるバトン回して頂きました!有難うございます!!
何ですかあの萌えバトン!そして指定キャラ!ちょっともう考えただけで楽しすぎる…!!
時間でき次第回答させていただきますね!


それではこの辺で!!
entry_header

アナタだけにオレの永遠を…なんて、な?

「なんて、な?」じゃないよ…!!
何なの。


テンションが微妙におかしいユラです、こんばんわ!
え、いつもだよね?


ハクレンに飢えている今日この頃なのですが、リボーン関連お題に「雲雀に言わせたい台詞」「骸に言わせたい台詞」というのを見て、それなら「ハクレンに言わせたい台詞」もあったっていいじゃないか!と思ってうっかり考えてしまったのが今日の日記タイトル、で、す…。
ぶっちゃけ、コレは考えようによってフラウでもよさそうなんですが、フラウならきっと「お前」になるような気がするのでギリギリハクレン、かな…!!
ハクレン書き出したらフラウやラブ様やカストルやアヤたんや…その他キャラたちのも書きたくなるじゃないか!馬鹿か私!ああ、馬鹿さ!!(開き直るな)


さて、話はガラリと変わりまして。
行ってきましたエリア27!!実は「エリアツナ」と普通に読んでいたのにスタッフさんが「エリアにじゅうなな」と言っていてそう読むのか!!と驚愕したのはここだけの話ですが。
もう本当凄い人数で、ツナ・雲雀・骸の3人の人気の高さを思い知りました…!!天気も、始めは雲雀さ…曇ってたんですが、だんだんツナ…大空が見え始めてくるほどのいい天気に。さすがボス!!(言い直しの意味がねぇよ!)

そして、このエリア27に同行して下さった麻月ちゃんと紗羅さんには本当に感謝したいです…!!
前日からお泊りで3人一緒とかもう夢のような状況なのに、ヒバツナ・ムクツナ・三つ巴・07の話をたくさんできて本当楽しかったです!
とりあえず、私はテイトを溺愛するアリス嬢のようにアリス嬢を愛しているということが分かりました(アリス嬢迷惑だよ!)
そして、言い出した私が一番足を引っ張るとかもう本当…いっぺん逝けばいいよ私…!!

といういうことで、夢のような2日間を軽く箇条書き!レポはまた明日にでも!

<6月30日>
・東京行き新幹線の中で途中だった話を打とうと思ってうっかり寝る。
・東京着、麻月ちゃんに電話して丸の内南口にいると聞いたにも関わらず寝起きのせいか八重洲の方へ向かいかける(馬鹿だ)
・そして私の判断ミスでうっかり丸の内南口改札口へでてしまう私と巻き込まれた麻月ちゃんと紗羅さん(すいませんでしたぁぁ!!)
・お昼は丸の内南口付近のスープ屋さんで。アニリボの雲雀さんの登場回数や意味深発言とかやたら雲雀さんを弄る(主に私が)
・ちなみに南国果実も弄るのを忘れない(私が)
・紗羅さんも麻月ちゃんも私もパイナッポーは駄目だったり苦手だったりで哀れに思いながら心の中で大笑いする私
・昼食後、宿泊先ホテルのある両国に。到着したもののチェックインまでの時間をスタバで潰す。
・そのスタバで語らい中、リボーンの話をしだしたとたんに店内に流れる「ゴッドーファーザーのテーマ」に麻月ちゃんと驚愕。
・チェックインして夕飯までまったりしつつまだ語る。
・私はアリスちゃんを好きすぎなのではないかと思い始める。
・時折仕事の話とか友達とかの話も。
・夕飯はホテル近くのファミレス。メニュー選びながら居酒屋メニュー頼みたくなるとかほざく私。
・夕食終了後、外に出ると雨が。傘をもってなかったので3人濡れながらコンビニによりお菓子や飲み物購入。
・ホテルに帰り、浴衣に着替えつつすでに「浴衣」というアイテムで妄想を始める私にのってくれる紗羅さん。
・麻月ちゃんがシャワー中、そのシャワーの音にまた妄想を始める私(煩悩だらけじゃないか!)
・落ち着きつつ、また語りだす。テンションあがりっぱなしな私(子供か!)
・とりあえず、私は本当にアリスちゃんと紗羅さんとこのヒュウガが好きなのだと改めて思う。
・日付が変わる頃、ベッドにもぐりこむも、まだ妄想がとまらない。とりあえず寝る前に印象に残ったのは「寝乱れて浴衣がはだけたハクレン」

<7月1日>
・起床予定より2時間も早く起きてまどろんでいたら、どうやら紗羅さんはそんな私よりさらに1時間早く起きていた。
・浴衣姿でまったりまったり。ごそごそ動き出す。
でも妄想は朝から全開(主に私が)(またお前か!)
・支度がほぼ完了。時間までベッドに寝転びながらまた語る。朝から話すような内容じゃなかった気がしますが、そこは気のせいですよねv(主にそっち系話してたのお前だろ!?)
・雲雀さんがイタリアに行かない理由が「鉄の乗り物(=飛行機)が空に浮くはずがない」という古めかしい理由だったらどうしようとか雲雀さんを弄り倒す。
・チェックアウト。エリア27会場に向かう。
・会場まで紗羅さんと麻月ちゃんに頼りっぱなしな私。しっかりしろよ…私!!
・会場に到着、すでにできている凄い列に「すげぇ…!!」と思う
・整理券をゲット後、近くのデパート(?)の飲食店に。メニューにあったクリームソーダを頼もうかどうかを悩んでいると、背後に座った同じ仲間かと思われる後からきた二人組の女の子達がクリームソーダを注文。
・二人組みが声かけたのに私達のもとへと注文をとりにきた店員さん(おばさん)が「今日何かあるの?なんだか凄く人が多いけど」と訊ねてくる。
私「…まぁ、ある種特殊なお祭りです(笑顔)」 お前もっと他にいいようが…あっただろ?!
・結局、麻月ちゃんと紗羅さんがクリームソーダ、私がコーヒーフロート注文。
・整理券に指定されていた受付時間1時間前くらいにデパートを出て、コンビニでお昼購入、会場裏にあった公園でお昼。
・鳩を見つめつつ「…ここに雲雀さんがいたら鳩が群れてきそう」とかほざく。
・お昼終了後、会場に。並んでいる途中右足中指を攣る私。でも会場入ってる間はなんともなかった…!
・順番の関係でいったん離れ離れになった紗羅さん。私と麻月ちゃんは同じ列だったので一緒でした。
・7階へ先に向かい紗羅さんと落ち合う。紗羅さんの姿を発見し、抱きつきに行く私。受け止めてくれた紗羅さん(お前そろそろ紗羅さんファンに謝った方がいい)(すいません…!!)
・7階(三つ巴)は…凄かったです…!結局7階滞在時間は数分。6階へと向かう3人。
・目当てのサークルさんが3人ほぼ同じだったので最初の3冊ほどは3人同じものを購入。そのあとは、各々行きたいスペースをつげ向かう。
・ヒバツナたくさん買えて満足v
・会場で流れた「すもも」に会場内にいた方々の抑えた笑いが。そして「ムーンライト伝説」は誰のイメージソングだろうか…。
・会場を後にし、その後どうするかを決め、カラオケへ。
・カラオケで30分強待ち、案内された部屋の番号が「707」ドアを写メる3人。
・カラオケは、エリア27入場パンフにあったそれぞれのカプのイメージソング祭り。
・とりあえず私の選曲とか歌声とか忘れて下さい、麻月ちゃん、紗羅さんv
・ヒバツナソングで始まり時折07ソングも混じりつつヒバツナソングで終わるカラオケ。
・東京駅でお別れ。夢のような2日間はあっという間に過ぎてしまいました…!!


麻月ちゃん、紗羅さん、本当に有難うございました!!楽しかったです!
本当に、またこういう機会があったら語りたいです!!
…箇条書きでこの量ってお前…!

ではでは、この辺で!

side menu

side_header

プロフィール

響ユラ

  • Author:響ユラ
  • ※とんでもなく腐女子
    ※時として毒舌
    ※事なかれ主義の後ろ向き体質



    …取り扱いは割りと簡単です(どこがだ)


    もう少し詳しい紹介は↓
    響ユラの実体

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カテゴリー

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。