2015-05

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

よくよく考えたらすごいな

1ヶ月限定のOP・EDとか…。


帝光編のすさまじさよ…。こんばんわ、ユラです。


アニバス帝光編は1ヶ月で終了だったわけだけど、それ用のOP・EDも映像も1ヶ月限定だったんだですよね、当たり前だけど。
しかもOPは黒子っちの中の人、EDは荻原くんの中の人という豪華さ。余計に涙を誘うよね、これ!!

それにしても、今の決勝戦をみるにつけ、帝光編でのアレやコレを経てもなお、キセキたちを嫌いになれない黒子っちの心中察するにあまりある。
2期最期の陽泉戦で、きーちゃんが黒子っちについて諦めるってことを知らなさすぎる、とコメントしてたけど、その諦めの悪さがなければ、きーちゃんは海常の黄瀬として成長できなかったかもしれないんだろうなぁとも思うんだよね。
黒子っちがキセキたちを諦めなかった、というとちょっとそれも違う気がするけどね。
また笑ってバスケする青峰くんが見たい、って桐皇戦のときに言っていたけど、それは青峰君にかぎらずだったかもしれないなと思うと、彼はつくづくキセキが好きなんだろうなと感じます。
今のアニバスOPも歌詞みると黒子っちっぽいなと思うし、どなたかのついったーにもあったみたいに、黒子っちはOP画像でいつも光の方へむいているから、彼に関してはほんとよっぽどのことがない限り心は折れないだろうなぁ。

そんなわけで、アニバス洛誠戦、黒子っちのように強い心で見守りたいと思います。






さて、今日はこのへんで。
スポンサーサイト
entry_header

コントローラーを

買おうかなぁ…。


PS2のコントローラーがマジ瀕死。こんばんわ、ユラです。


刺青も紅い蝶も終わってないからなぁ…。
とはいえ今はそっちのホラゲは無期限休養中だから、保留状態なんだけども。
なんか面白そうなフリーホラゲをいくつか発見しちゃったからそれもやりたい。

あと、私にトマソン物件図鑑的なものを誰かください。
自分で買え。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

誰が可哀想か

「キセキの世代」と同学年の子たちじゃないかな…。


ドン引きレベルの強さって残酷。こんばんわ、ユラです。


それでも桜井くんとか高尾君とかはバスケ続けてるし、これはもう単純にメンタル部分の問題なんだろうなぁ。
もう二度とバスケをすることはない、と思われた荻原君でさえ自力で立ち直りバスケしてるし、まぁ、やっぱりそういうことですよね…。

赤司君については、キセキが開花する前から「赤司征十郎二人説」を緑間くんがなんとなく察していたようなので、片鱗はあったのだと思われるんですが、完全に入れ替わったのはむっくんとのあのワンオンワンだからなぁ…。
つまり、日ごろから積み重なったお家関連の件で、少しずつストレスをためていたんでしょうね。
もっと早いうちに、赤司君が誰かしらに弱音を吐いていたら、誰かに助けを求めていたら、何かが変わったんだろうけど、すべては過去のことになってしまっているのでif話はifのままですけどね。
赤司くんが虹村先輩から主将を引き継ぐ話については、黒子っち一人だけがその重責について心配していたのも印象的。
赤司君が「できない」と思ってるわけでなく、逆になんでもかんでもこなしてしまうから、それゆえに一人で抱え込むんじゃないかという危惧だったのかもしれないなぁ…。
過大評価でも過小評価でもなく、ただ、「赤司君という同級生」への思いやりというか、そういうほんわかした暖かい気持ちを与えてくれる相手でもあったんだろうね、赤司くんにとっての黒子っちって。

…そう考えると、黒子っちは対キセキにおいてはその人にあった対応をしてるんだなぁ。


明日のアニバス、小金井先輩もだけど、伊月先輩も頑張ってほしい…!!
entry_header

あーつーいー……!!

なんなのこの暑さ。


残暑生まれのユラです、こんばんわ。


夏生まれが暑さに強いとかそんなことはない。


それはともかく。
最近、お昼はT君と一緒なんだけど、高校受験の話になったんですよね。
そしたら。

T君「でも、高校からはエレベーター式だったからなぁ」
私「……エスカレーター式じゃなくてか
T君「Σ!! そう、それ!」
私「wwwwなんでwwwエレwwベーwwwターwww止まっちゃうwwwだろwww」
T君「www」

T君は時々ぶっこんでくるから困るwww






さて、今日はこのへんで。
entry_header

うん、だからさぁ、

気の毒とか可哀想とかなんか違う気がする。


黒バス祭りのフードぇ…。こんばんわ、ユラです。


アニバス70話の終わり、黒子っちに上書きされた黛さんが最終的にパスを通す道具扱いになった件については、気の毒とかちょっと可哀想…っていうそういった感想をよく見るんだけど、可哀想なのかなぁ…。
黒子っちの黛さん上書きについては失態と言えるかも知れないし、それは本人が一番分かってるようなのでそこはいいとして、その代償がパスを通すための道具扱いってところが可哀想であり気の毒なのかな。
だけど、赤司君は「旧型」「新型」って最初から二人については「モノ」扱いだったじゃん…。いいとこ「駒」扱い。
経験値も足りない、きーちゃんも言ってたように「影である覚悟の重さ」も足りない、戦況を変えるための”六人目”であるはずなのに、ミスディレ使ってのパス回しくらいしかしていない、そんな黛さんが本当に”六人目”として機能するかどうかなんて赤司君には分かっていたはずだけど、どうなんだろう。

おそらく、黛さんの存在は黒子っちを精神的に追い詰めるためだけのもので、最初からちゃんとした”六人目”として育てる気なんてなかったんじゃないか、と。
それを知ってたのか知らなかったのかは定かじゃないけど、それなりに「新型」としての誇りというかプライドが黛さんにはそこそこあったと思う。思わなければ、もう一度出てきたときに心中であそこまで黒子っちをバカにする言葉はでてこないでしょうよ。要するに、黛さんは黛さんで完全に黒子っちを見下してきてて、言葉は悪いけど「調子乗った」んだよ。

…まぁまとめると”役立たず”発言はちょっと腹たったので、ちょっとざまぁ、という気持ちです。
可哀想とか気の毒とかそんなやさしい気持ち、黛さんに対してもてないんですよね…。黒子っちクラスタだし誠凛クラスタでもあるから余計になんだけど、普通に考えたってただの因果応報な気がする。


アニバス決勝戦、まだまだ気が抜けないけど、来週は…今週か?小金井先輩活躍回みたいだから超楽しみ!






さて、今日はこのへんで。
entry_header

なんか…なんかさ…

改めて思うけど、黒子っちはすごい。


というか、誠凛水瓶座ちっちゃいコンビすごい。こんばんわ、ユラです。


会場も自分のチームももう勝てない、みたいな空気の中、それでも「勝ちたい」って泣きながら立ち上がって言ってのけた黒子っちもスゴイけど、その黒子っちに「カントク、お願いします」って言われて躊躇わずに信じて試合に出すカントクのかっこよさもスゴイ。
カントクの瞳に迷いがないもの。黒子っちの瞳にも迷いはなくて、その二人が諦めずに立ち上がっている。
チームを影で支えてきた二人の瞳と気持ちにこたえるべく気持ち切り替えて立ち上がったメンバーもスゴイ。

伊月先輩の心中台詞がすごく好きだし、そのときの表情もいいなって思います。わがまま言ってくれちゃってさ、みたいなこと思ってて、でも笑ってて。そのあとを引き継ぐ小金井先輩の心中もとても好きです。
あの会場内でたったひとり、負けたくない、勝ちたい、みんなと勝ちたいと我を通した黒子っちの勝ちだろうなぁと思うし、その黒子っちの気持ちを受けて、再びゾーンに入るかがみんマジ真の光。

黒子っちが必死に努力し手に入れた力をああやって黛さんに修得させてお前は旧型とか言い出す赤司君の人でなし感すごいし、黛さんが黒子っちより自分が上だと思っているのも滑稽だよなぁ…。
ていうか、黒子っちを見出したアピールして海誠戦でもさすがテツヤ感出してたのなんだったんだ。
新型六人目育成についてはなにもかもが中途半端な気がしてる。

あと、キセキの面々の「え、黒子でるの…?!」みたいな驚愕顔すごいですね。
確かにあの状況なら出てこないと思うよ。普通ならね。だけど、黒子っちなんだよね…。
彼らの知る黒子っちはそんなに弱い子だったのかなあ…と思うとちょっと色々切ない。


洛誠戦、まだまだ気が抜けないけど、最期まで誠凛を信じて応援するよ!






さて、今日はこのへんで。
entry_header

動いて喋る影響

苛立ち度がアップ。


とりあえず赤司父を殴らせろ☆こんばんわ、ユラです。


アニバス70話。
誠凛さんがちょっとお通夜みたいになってましたけど、黒子っちの涙の宣言でじゃっかんモチベがあがりました。
まぁ、黒子っちがでてきたときのキセキと桃ちゃんの反応がさー…なんていうか…モヤっとするなぁ…。
それはまぁいいや。
黛さんが絶賛調子のってて面白かったし、赤司君の非道っぷりもすごかったな…。
完全にパスを通す道具扱いになった黛さんについては、本誌のときも思ったけど、これ同情できないし本人もおそらくはされたくないだろうから言及しない。
それにしても…チートすぎてドン引く赤司くんですが、相変わらず黒子っちにはキツイ言葉を投げかけてくるのでちょっと黙っててほしいなと思いましたけど、まぁかがみんが再びゾーンに入って赤司君を止めにいってくれたからまぁいいか!

個人的には日向先輩の復活も心待ちにしています。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

なんだこれ

前歯一本だけが知覚過敏みたいになってんだけど…?


仕事か…。こんばんわ、ユラです。


痛みよりもしみる方がなんか嫌すぎる…。
痛いだけなら鎮痛剤でなんとでもなるけどしみるのはどうにもできないじゃない…!!
いかんともしがたくて切ない。


…とりあえず、鎮痛剤を試してみることにします。
どうにもならない気もするけど(苦笑)






さて、今日はこのへんで。
entry_header

マジかよ…

せっかくの休みだっていうのに…!!


本当にもう…!!こんばんわ、ユラです。


以前からたまにやらかしていたんだけど…。
休みだっていうのに…目覚まし設定も変えてたのに…!!
仕事のある日の起床時間に目覚ましなしで起きて、母に「あれ?あんた今日早いね?」っていわれて数秒後に今日が休みだったことに気付いた瞬間のあの絶望感半端なかったわー…。
おきてしまったので、そのあとは土曜恒例の部屋の掃除とトイレの掃除したけどさ…。

あと、ほんと腹立つけどおなかも痛くてふんだりけったりです。
…今日はもう寝よう、うん。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

暑いんだか寒いんだか…

日中の暑さと朝夜の涼しさで体が変。


仕事には行ってますよ?こんばんわ、ユラです。


今週も無事お仕事終了。
まぁ、トラブルがしょっちゅうあっても困りますけどね(笑)


明日のアニバスはどこまでかな…。
次回予告では黛さんを破ったあたりじゃないかなというシーンがあったけど…というか、俺司君はまだもうちょっと先なんだろうなぁ。
あ、そのまえに小金井先輩だ!!あとは荻原君とか青峰君の泣くシーンとか、みたいところいっぱいあって楽しみすぎる。
第2のゾーンとかね!!






さて、今日はこのへんで。
entry_header

今週なんか長いなぁ

気のせいなのは重々承知。


最近のBGM:べんがら格子。こんばんわ、ユラです。


定期的に聞きたくなるブリミュソング。
べんがらとかたるしすともうひとつの地上。もうひとつの地上はルキアさん加入バージョンのものなら一通り覚えてるんだけど、かたるしすとべんがらはどこかの歌詞がすっぽ抜けてしまうんですよね…なんでだろう…。
あと、手をつなごうあたりはみてると、うわああああ!!ってもだえ転がります。結局繋がないんだけどな!!
このいい意味でのもだもだ感は劇場版3弾目のFTBでも感じるものだけど、アレは何回見ても兄様のぼんやり具合とルキアちゃんの聖母っぷり全開具合と一護さんのしょんぼり具合が絶妙だと思うんだ。
恋次とか一角さんとかに忘れられても「えー…」ってちょっとばかり寂しそうなんだけど、ルキアさんが自分のことを忘れているのが分かったとたんしょんぼりしてしまう一護さんは、無意識にルキアさん好きすぎると思う。
コンさん曰くの「この世の終わりみたいな面」が衝撃的すぎる…どんだけなの、一護さんや…。

どうでもいいのですが、個人的に、天鎖斬月の一護さんの衣装がかっこよくて好きです。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

過保護っていうか

心配しすぎ…?


アニメのベリーさんの過保護っぷりぇ…。こんばんわ、ユラです。


…みていてしみじみ思うけど、アニメベリーさんの戦闘モチベは基本ルキアちゃんがいればそこそこもつものなんだなと。
バウント編最初しかり、破面編最初しかり、消失編しかり……ルキアちゃんの叱咤激励されるとキラキラとやる気をだすベリーさん、嫌いじゃないです。
アニブリみててふと思うんです、彼、ルキアちゃんが死んだらどうするんだろうって。
消失編の様子とか映画第3弾目を見る限りだと、まぁなんやかんやいっても、最終的にルキアちゃんさえいて、自分のことを信じて叱咤激励してくれさえすればあとはなんとかするぜ!って軽くなる感じがすごいんですよね、ベリーさん。
あと、単純にベリーさんとルキアちゃんの距離感がおかしいし、まわりガン無視でケンカはじめちゃったりとなにこのリア充…ってなるけど本人達が無意識っていうね…!!!

ベリーさんで思い出した。
コンちゃんが彼の中に入ってるときのベリーさんのイケメンHSっぽい感じすごいんだけど、これは単純にコンさんのコミュ力と感情豊かな性格が表にでるからなんだろうな、と思うとコンさん素敵すぎる。
そしてコンさんはルキアちゃんを本命なあたりがすばらしいよね!!最終的にルキアちゃん大好き!に落ち着くコンさんが好きです。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

何度見ても

レオねぇは美人。


正直、男にしとくのもったいないよね。こんばんわ、ユラです。


OPのシュートきめたあとのレオねぇのちょっと乙女なポーズかわいいv



それはそうと、某しぶ百科事典のルキアちゃんの概要にちょっと気になるところが。

戦場では袖白雪を携えて果敢に戦うが某ちくわbrotherや某赤パインや某ストロベリーなどからよく過保護フィルターがかかる子

うん、あのね。
原作でもアニメでもちょいちょい思ってた。ルキアちゃんは結構護られてるなぁって。
ただ、私はだいたい朽木兄妹を見てるから過保護=シスコン兄様という図式が出来上がっちゃっててその他二人についてはそうでもなくね?って思ってたんだ。
…ここのとこ、アニブリ見直しててこの概要については納得しました。うん、確かに過保護フィルターかかってるわって。
まず、兄様。兄様は兄様なので過保護になるのも当然かつ仕方ない。だって唯一の家族だからね!心配もするよ。
某赤パイ…恋次さんも分かる。長い付き合い(途中疎遠気味だったけど)だから、彼女が無茶するんじゃねーかなってことが分かることに関しては過保護になるのわかる。知っているがゆえの心配って感じ。

なんか解せないのは某ベ…一護さんです。

仮にも席官クラスの強さをもつルキアちゃんに対しての、彼の過保護は一体なにからくる過保護なんでしょうか。
相方だからか…?それにしたって過保護です。

…そういえば。
虚圏編、ルキアちゃんがアーロニーロ倒した後、霊圧もしくは対戦相手の破面たちからもたらされた「ルキアとアーロニーロ相打ち」情報が各々で知った後、真っ先にルキアちゃんを助けにいこうとしたのは一護だけ。
恋次はザエルアポロと戦闘中、石田君も移動中で戦闘してませんでしたが、ルキアちゃんの生存を信じて(だといいな)の現状維持。
だというのに、一護さんときたらウルキオラさんからのルキア死亡発言スルーのうえ、助けに行くとか言いましたからね。
生きてるって信じてるんだろうけど、それでも自分の目で確かめたかったのか…。まあわからないけど。
あと、斬魄刀異聞。
兄様が心配でひとりでソウルソサエティ帰ったルキアちゃんが、袖子さんと対戦した後倒れ四番隊隊舎で眼を覚ましたあとに、一護が「どうして一人でこっち(ソウルソサエティ)にもどってきたんだよ」的な発言をしたのを見て、思わず「お前彼氏かなんかかよ?!」とツッコんだのは私だけでいい。
というか、なんで彼女の兄や彼女の幼馴染と一緒に(あだ)名を並べているんだろう、この主人公は…。
相方に対してでもそんなに過保護にはならないだろ…。一護さんまじ一護さん。


過保護といえば赤司君もだよな…(遠い眼)






さて、今日はこのへんで。
entry_header

チワワwww可愛いwww

隣にテツヤ2号をつけたくなりました。


図書委員コンビ可愛い…!!こんばんわ、ユラです。


いやー…69話の辛いことったら。
福田君と河原君が初試合だったけど、相手が洛山じゃなー…。
いや、でも逆によかったかもしれないな…今後どんな強豪と試合があってもこの経験があれば怖くないよね!

あと、とりあえず赤司君のダンクについては、誰もいないときにめっちゃ必死に練習したんだろうなと思うとちょっとほほえましくなります。
それにしても、黛さんは確かに脅威なんだろうけど、やっぱり所詮は黒子っちのコピー版だし、黒子っちのように機転はきかないからなあ…。
本当に新しい六人目にしたかったのなら、別に黛さんみたいにドリブルもシュートも月並みにできる人である必要はなかったはずなんだよね。少なくとも赤司君の欲した六人目は黒子っちのようなひとつに秀でるアシスト役かつ状況打破のための‘特別‘なのであって、ぶっちゃけ他のことできたからってそれは六人目としての機能は果たさないとおもうんだけど…………って何かいてるか分からなくなっちゃった…(おい)

来週は黒子っちが復活回みたいだから心してみなければ…!!






さて、今日はこのへんで。
entry_header

巻いてますなー…

アニバスの展開。


誠凛さんマジ天使。こんばんわ、ユラです。


今思い出したんだけど、洛山戦て小金井先輩が活躍するんだよね。
小金井先輩、いつもさりげなく黒子っち気にかけてくれるし、ムードメーカーだし、本当にいい先輩だなぁ。
いや、誠凛の先輩たちはみんないい先輩だけどね!!
過去を話したあとに、日向先輩に頭わしゃわしゃされてはにかむ黒子っちがほんと可愛い。
日向先輩が生徒手帳を落としてなかったら、黒子っちは誠凛にであうことがなかったんだろうなと思うと、日向先輩マジいい仕事した!
キャプテンだからなんだろうけど、日向先輩もなんだかんだ黒子っちをかまってくれるよね。
陽泉戦終了後とか、海常戦終了後とか真っ先にかまいにきてくれてて、なんだか本当に幸せな気分になってしまったんだけど、そういえば、洛山戦では日向先輩がちょっと苦難に立たされるんで、心配…。
いや、展開知ってるけど、やっぱり緊張するしハラハラする。

それにしても、アニバスの今のOPみてると、キセキとかその周りが結構目立つイケメン多いから分かりづらかったけど、誠凛さんも、みんな地味にイケメンおおいよね。
そして何度でも言おう、今のOPのフリくんはかっこいいと!!あのフリくんマジイケメン。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

今週も、

おつかれさまでしたー。


足が痛いユラです、こんばんわ。


思い出してみたら、今日あんまり座ってないことに気付きました。ほぼたちっぱなし。
なんだかんだと今週も色々あったなあ。ありすぎてちょっとうんざりしてるけど。

今日はちょっと早めに寝ようかな…。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

…あれ?

春は何処に?


秋が一番好きかもしれないユラです、こんばんわ。


こないだまで寒いとおもったらいきなり真夏みたいな暑さがやってきて本当に体調がおかしくなるわ、コレ。
なんかずっと風邪気味なので、すっきりさせたいなと思う今日この頃。
しかしその前に乙女週間が終わってほしいな…。腰痛くて動く気になれないんだけどどうしよう。
いや、仕事はしてるんだけど体が微かに貧血っぽくて体が重いから、動きも緩慢すぎてww
期限内にちゃんとやってるので支障はないんだけどもね!
あるとすれば、恐ろしいほどの眠気でしょうか…(遠い眼)






さて、今日はこのへんで。
entry_header

色々とキツイ

乙女週間到来。


こんばんわ、貧血気味なユラです。


頭痛もしてきたんだけど、これは多分違うな…。

それにしても、今日は暑かった。台風いったあとだからなんだろうけどキツかったわー…。
もう今日ははやく寝てしまおう。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

まだ火曜日なのか

今週まだ3日あるわー…(遠い眼)


もうやる気ないユラです、こんばんわ。


というか、花粉症かな?と思ったらもしかしたら風邪かもしれなくて、どちらの薬を飲むべきかをかれこれ30分くらい考えてるんだけど…風邪薬のんどくか…。


それはそうと、台風。
いまは、風より雨が酷いかなという感じです。暴風・波浪警報は出てるみたいですが、去年とか2011年のときに比べるとなんていうか、正規の台風かな。
何だよ正規の台風って…。


台風による被害がないことを祈りつつ。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

実際どうなんだ

桃井ちゃん情報だとCランクだそうだけど。


=まぁ普通?こんばんわ、ユラです。


アニバス68話は最初はハラハラしてみてたのに最期には赤司君への苛立ちしかなくてどうしようかと。
コート上で今の黒子っちを否定してきたあげくに「旧型」呼ばわりとか、言っていいことと悪いことの判断もつかないのかな…。
原作読んでるときも思ったけど、正直、赤司君が何したいのかが分からない…というより、お前どうしたいんだよ?って感じなんですよね…。あと、何度も思ったけど、ぶっちゃけ面倒くさすぎる、赤司君。
あんな風になった経緯については本当にもうかける言葉もないくらいなんだけど、それはそれ、これはこれ。
全中のあの一件は、完璧にやりすぎだしスポーツマンシップに則ってないし、相手に失礼極まりないよね…。

……取り扱いが難しすぎるぜキセキ…。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

隊長になる条件

「人の話をきかない」というのがあるのか。


どうなってんだ。こんばんわ、ユラです。


あのね。
ここのとこ、アニブリをシリーズごとざっと見てたんだけどね。
隊長格の半分くらいが人の話を聞く気がないことに、ちょっとイラッとしました。
浮竹さんや京楽さん、卯ノ花さん、SS編以降は兄様あたりはまだ聞こうという姿勢がうかがえるんですが、他は軒並み人の話きかないなって。
あ、剣八さんについてはすでに話を聞くとかそれ以前だし、聞くべきときはちゃんと聞いてるのでまぁまだ…。
一番きかないのは砕蜂さんかな…。真面目で一直線だけど、言い換えれば融通がきかないということなんでしょうが、それにしたって話聞かない。
破面はエスパーダ勢は7割はべらべらよく喋る挙句にやはりこちらも人の話をきかない連中ばかりでしたけど、まぁ、上司が藍染さんなのでお察しください、という感じですね。

離反した隊長3名のいた隊では、吉良さんと檜佐木さんが副隊長としてちゃんと隊をまとめていて、しっかりした子達だなと思ったんですが、格隊の副隊長で一番しっかりしてるのって七緒ちゃんだよな…。
とりあえず今現在の護廷十三隊の格副隊長はどこの隊もそれなりに優秀かつお仕事できる人たちがそろって……。
…大前田さんとやちるちゃんは例外な気がしてきた…。
十三番隊なんてだいぶながいこと副隊長が不在で三席二人が兼務してたから、ルキアちゃんがようやくおさまるべきところにおさまって、ひと段落、ってところなんだろうなぁ。
アーロニーロとの一戦で、ルキアちゃんは自分自身の「雨」を自力で止ませることができたようだし…よかったね、おめでとう、という気持ちです。
あれだけ辛い思いして生きてきたのだもの、これからは少しずつ幸せになってくれたらいいなぁ。



アニバスは、黒子っちクラスタにはつらい展開が続きそう…。
もうとりあえず、新・理事長と赤司父については一発ずつ殴らせてほしい(どうした)






さて、今日はこのへんで。
entry_header

不可抗力じゃん?

…と思うんだけどどうなの?
何 が だ 。


頭はいい設定だったはず。こんばんわ、ユラです。


SS編、恋次と一護の再対決シーン。
ルキアちゃんを助けにきた一護さんに恋次さんが、彼がルキアの力を奪ったせいで!みたいなことを言ってたんだけど、事情を知らないとはいえ、なかなかキツイこと言ってたんだなと。
だって多分、ルキアちゃんは力を全部やる気はなかっただろうし、一護さんも全部もって行くつもりなかっただろうから。
不可抗力だし、あの場で一番最善なのはその手だしソレしかなかったのだから致し方ないような気がする。
…それにしても、そのシーンでの恋次さんの「お前がルキアの力を奪ったから処刑されてしまう」みたいな発言のあとの、一護さんの「そのつもりで連れてったヤツがなにいってんだ」という旨の返しにはただただ、彼のまっすぐさを感じます。
あと、個人的にはその対戦中の一護さんの心中での「守るなら死なせない」というのがとても好きだったりします。

しかし、ソウルソサエティも…というか護廷十三隊もなかなか動きづらそうですよね、十三隊<中央四十六室という感じだからか、立場上厳しいことや辛い決断をしなければならないようなので、その点においてまだ自由に動ける現世組は助かるんじゃないかな。…まぁ、何事にもリスクというかいい面悪い面あるので互いにプラマイ0っぽいけども。
ただ、死神代行である一護さんについては、建前がどうなってるかは知らないですが実際はルキアちゃんが上司としての役割を担っている立場なので、責任についてはルキアちゃん、ひいては十三番隊と六番隊(恋次がちょいちょい現世組ヘルプをしているので)の責任になる…のかな。
17ヶ月の間に副隊長になったルキアちゃんは、実質、十三番隊では小椿さんや清音さんと3人で隊長兼ねてるんだろうなぁ…(アニブリみてると忘れるけど、隊長・浮竹さんは病弱設定)



話は変わりますが、今日のアニバスが修羅場りそうでどきどきしています。

赤司くんが一番黒子っちを泣かせている気がするけど、信頼してた恩人にあんなこといわれたら心折れるわ。
確かに「六人目でいたいなら」とか言われた時点で、黒子っち自身が六人目というものにとらわれて結局バスケ辞められなかったのも問題だったのかもしれないけど、あの言い方はやっぱりダメだよね…。
帝光編の切なさったらないし、大人って………ってなる。あれは結局、新理事長が原因だよなぁ…。
中学の時点であんな泥沼修羅場スケとかほんと胃薬必須。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

お給料って

出てるんだろうか…。


気になりだすとどうしようもない。こんばんわ、ユラです。


なんか前にも同じようなこと書いた記憶があるんだけどな…。
まぁネタがかぶってるかもしれないし、どう考えても別にどうでもいい話題なんだけど、現世での虚退治とか死神としての仕事をしているっぽい一護さんに、お給料というものはないんだろうか…。
いや、あの地区は車谷さんがいることは知ってるんだけど、代行とはいえお仕事はお仕事なんで、バイト代みたいにささやかな感じでお給金あるのかしら、と。
いや…出てないかもしれないな……。
タダ働きか……。

あと、ソウルソサエティの死神さんたちが基本寮住まいとか安い借家とかアパートみたいなところで一人ぐらしなんでしょうか。なんだか地味に気になって仕方ないわ…。
ルキアさんは朽木家へ引き取られたからお屋敷に住んでますが、恋次とか乱菊姉さんとかはどこに帰るんです?
まぁあの世界にもアパートとかマンションとかそういうものがあるんだろうけどさ。
ちょっと見てみたい気もするww






さて、今日はこのへんで。
entry_header

黒子っち色の

バスケボールがマイボール。


7年間バスケ部所属。こんばんわ、ユラです。


トラバテーマの学生生活範囲に高校生まで入るなら、7年間バスケ部、高校3年間は園芸部とカルタ部掛け持ちと答えます。
あと、マイバスケボールについては、私から妹(こっちも8年間バスケ部・PG)にそのまま譲渡しました。
それと、妹が中学生だったときのバスケ部集合写真見つけたんですが、写ってるユニの色が誠凛カラー(ホーム用白ベース)に似てて、っていうかデザインは異なりますが使っている色合いは同じでびっくりしました。
まぁ派手にせずに、と思うと使う色は限られてきますけどね。



今週は今日・明日とお仕事ですが、ぶっちゃけ明日は行かなくても困らないんで行くかどうか悩んでます。
…とは言うものの、よほど具合悪いとかでなければ行っちゃうんですけどね(苦笑)






さて、今日はこのへんで。
entry_header

毎年思うけども

GW過ぎるの早いなぁ。


明日からお仕事。こんばんわ、ユラです。


GWもお仕事だった方々はお疲れ様でした。
サービス業なんかはとくに忙しかったんじゃなかろうか。書き入れ時ではあるだろうけども(苦笑)
私は休み中は基本体調不良かつお家大好きっこなのでこもってましたけどね!

とりあえず私はカレンダーとおりの休みだし、明日から二日だけ仕事なんだけど結構憂鬱です。
特に急ぐことはないんだけど、その曜日にやらないといけないことというのが存在しておりまして…。

…二日だけだし、そこそこ頑張ります。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

あ、そうだった

一日遅れちゃったなぁ。


休みに体調崩す系・ユラです、こんばんわ。


昨日桃井ちゃんの誕生日だったんだよね。遅れたけど桃ちゃんおめでとう!!
桃ちゃんと黒子っちの2ショはキキララでかわいい。

そして今日は漫画・アニメキャラで誕生日がおおい5日。雲雀さんとか土方さんとかね!!
雲雀さんも今にして思えば、割と本能に従って生きてるあたりが「雄」だな。頭はよさそうなんだけど、実際あの人ちゃんと卒業したんだろうか…。
まぁ十年後見る限りではちゃんとお仕事してるから、あの「好きな学年」発言は口だけだった…というか、今思えばあれはからかってたんだろうか。だとしたらわりとお茶目だな、雲雀さん。


それはそうと、昨日だっけ…?リアタイに書いてたネタ。
緋真さんが生きていたとしたら、という、まぁ、ありえないif話。
兄様はどうやら緋真・ルキア姉妹のあの顔立ちとか控えめな感じとかが好みっぽいから、嫁も妹も可愛い!!ってなるとおもうんだよね。
緋真さんは緋真さんで、病弱な体をおしてでも妹を探すといっていたところから、妹への愛情がないわけでないことは分かるので、見つかったら大喜びしそう。年齢も5~6才…もしかしたら10才は離れてそうだから、普通にシスコンになりそう。
ましてやルキアさんは流魂街での生活の影響で発育不良気味だから、ちっちゃい緋真さんよりさらにちっちゃいわけで…。
総合して、朽木夫妻はルキアをめっちゃ可愛がるだろうしシスコン決定だなというところまで妄想しました。妄想めっちゃ楽しいです。
とすると、緋真さんが生きていたらSS編発生の確率が低そうです。万が一おきたとしても、兄様があそこまで追い詰められることもないと思う。
そもそも兄様は、緋真・ルキア姉妹関連で掟を破ったという経緯があったがゆえに3度目の掟破りをするか掟に従うかで悩み悩んで、掟に従うことにしたっていうことだった(はずだ)からなぁ。
2度も破ってんならもう3度目とかもう関係ないじゃねぇかと私は思ってしまうわけだけども、兄さまはあの世界で結構な立場にいますからそういうわけにも行かなかったんでしょうね。

…まぁ、今の兄様、わりとはっちゃけた感じですけどね。虚圏編のマントの件とかさ…。
「連れ戻せって言われただけだから連れ戻してきた。そのあとについては指示されてないから知らない」みたいな屁理屈並べてたよ、あのひと。ルキア用にマントまで用意しといてしらばっくれたからね、あのひと。いい性格してるわ…。
だから朽木兄妹すばらしいわ。あともうしばらくは兄妹仲睦まじく暮らしててほしいものです。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

HSホイホイ

ルキアさんも相当なソレだよな…。


黒子っちもそうだけど。こんばんわ、ユラです。


昨夜、斬魄刀異聞見なおしてたんだけど。
村正さんが、ルキアを囮に一護を釣ったみたいなこと言っててそういえばそうだったなとかああなるに至ったいきさつを思い出したんだけども……。
原作やアニオリだってそういう展開はほぼないに等しいのに何故かルキアさんは兄様ホイホイで恋次ホイホイで一護ホイホイのような気がして仕方ないんだけどもどうなんだろう。
ルキアさんが兄様心配のあまりソウルソサエティに戻ること、それを知った一護が追いかけてくるだろうことまでを想定していたのだとしたら、ルキアさんの立場的にいたたまれないものがあるな…。でも追ってくるのは彼の意志なのだからしかたないよねぇ…。
あと、袖白雪さんと対峙した一護さんがルキアの斬魄刀だからってなかなか攻撃できないことを袖子…袖白雪本人に指摘されて否定しなかった一護さんにはほんとゆがみねぇなと。
村正さんがルキアさんを囮に一護さんをホイホイしたことについても、ケガして兄様を心配する健気なルキアを利用してこのやろうみたいなキレ方してたんだけど…一護さんのルキアさんに対するそれはもうなんかいろんなものを超越している気がして、さすがとしかいいようがないですねぇ。
そもそも、一護さんてルキアを「守る対象」としててそこからもうアレなんだけども(アレってなんだよ)
だってルキアさん、席官クラスの強さなんだぜ…。

虚圏で5人で分散して敵を倒していこうとなったときも、何故か一護さんはそう提案したルキアさんにばらばらはダメだと必死になって、恋次さんに諭されルキア本人にも諭されしぶしぶといった態で納得してたなぁ…。
ルキアさんへの過保護度は兄様と一護さんが同じくらいな気がしています。恋次さんはできる限りルキアさんの意志を尊重してある程度自由にさせてるなぁという印象がありますけど、小さい頃から知ってるからなんでしょうね。
ルキアさんの限界とか、無理してる様子とか見抜けちゃうんじゃないかなぁと恋次さんには夢をみています(苦笑)



黒子っちに関しても、何故か青峰くんやかがみんはある程度自由にさせてる感じがする。もう無理そう、っていうぎりぎりのところを見抜いて黒子っちを助けてくれる感じ。
他のキセキもそういうかんじではあるけど、この二人に関してはとくにその印象が強くて、これは荻原君にもいえるかなぁ。
あと、何故か伊月先輩もそっち側な気がしています。黒子っちについてキセキ以外で黒子っちの微々たる変化を見抜けるのは伊月先輩もなかなかのもだと思ってます。…あと、最近はフリ君もそうじゃないかなぁと。
新OPのフリくん、すっごくかっこよかったです。


まぁなんにせよ、自分を愛してあげることには不器用な黒子っちとルキアさんいとしいです。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

うはー…

まだティップオフ段階なのにおなかいたい…。
お前は正一くん(@復活)か。


洛山が無駄に怖い。こんばんわ、ユラです。


いや、まぁ…年にそぐわないはっちゃけ君やオネェさんやただの大食漢や黒子っちには及ばないながらも影薄いラノベ先輩とか書き出すとなんかああ、そんなでもないかなと思うけども。
赤司君が怖すぎるんですよ…!!精神的に嬲っていくというか、精神的リョナというか、僕司くんがドSっぽくて黒子っちがひたすらに可哀想というか、心配。
・・・ただ僕司君も、「勝利」に固執しながら、何故かその勝利には関係ない黒子っちに大しては異常な執着を見せていたので、そういう意味でも黒子っちは「別」なのかもしれない。

というか、思ってたんだけど、黛さんって確か身長はブリーチの今現在の黒崎一護さん(181cm)(ちなみに兄様は180cm)と変わらないはず……。
そんだけ身長あって、影が薄くて見つけづらいってことはない気がするんだけどなぁ…?まぁ、周りがさらに大きくて、赤司君がいるならそりゃミスディレもしやすいのでしょうけども。
どうでもいいけど、白哉兄様と黒子っちは誕生日が一緒(本当にどうでもいい)


とりあえず、心落ち着けて洛誠戦見ようと思います。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

タグ伝いで

面白そうな動画がみつかるの楽しい。


気の向くままに…。こんばんわ、ユラです。


先々週かな、いちるき→神無月EDパロ→クレイジーサイコレズというタグ伝いでもって発見したのがまいおとめ。
お話自体おもしろかったしキャラも皆なかなかだったけど、群を抜いていたのはタグのクレイジーサイコレズにふさわしい静留さん。
エレメントの薙刀だけでも十分強いのに、チャイルド・清姫がまた……清姫伝説に則った八つの頭をもつ蛇。
あ、清姫伝説についてはググってください。

柔らかな京言葉を喋るんですが、後半あたりまさにクレイジーサイコレズ。最後の最後に少しは報われた感じはしましたけど。中の人の演技もピカイチ。




京言葉で思い出しましたが、ブリーチの市丸隊長。
最期あたりで開眼してましたがやはりというかイケメン。というか、開眼してるほうが普通にモテそうだけどな…?
まぁ、彼の人生はただひたすらに乱菊さんのための、考えようによっちゃあ一途な人生だったのだろうけど。
個人的にはSS編最期、乱菊さんに「ごめんな」と謝ったあのシーンからの、「やっぱり先に謝っといてよかった…」のシーンかなぁ…。乱菊さんの涙も地味に涙腺にくる。
もっと方法があればよかったんだろうけど、市丸さんにはあの道しか思いつかなかったんだろうなあ…。
個人的にブリーチ界においての切ない別れのトップ圏には入りますね、乱菊さんと市丸さんのあのシーン。
あと、不動の1位はやはりルキアさんと海燕さんのあのシーン。あれは切ないし苦しすぎた。

……それでも、健気に強く生きているからルキアさんは尊い。






さて、今日はこのへんで。
entry_header

卵焼きですね!

↑トラバテーマについて。
だからそれはトラバでやr(ry


ちなみにお昼はおにぎり一個。こんばんわ、ユラです。


明日からGWですよ。
ただ、再来週の予定についてちょっと納得いかないというか、まぁぶっちゃけそのときのことはそのときに考えよう、という事案があったわ…。
ていうか、そもそもそれについては私の仕事でなく事務の仕事なので、その事務業務の在庫管理責任者が色々踏まえて包装作業員さんに頼むべきことなんだけどな…。
その包装作業員さんたちが試験担当の私に気を使ってアドバイスくれたんだけど…、その件に関しては在庫数が足りなくなると何故か試験担当が色々言われるから。
だけど、その商品の製造から試験、販売までどれだけかかるのかは在庫管理してるやつらに何度も説明してるんで、そのうえで足らないから早くしろとか残業してやれだとか、理不尽もいいところですよ…。
以前、「じゃあ響さんも在庫数のチェックを…」とか社長が言い出したときは本当にどうしてくれようかと思ったものです。
それは私の仕事ではないし、それならそもそも誰がやってもいいことになる。責任者とかいらなくなるだろ?と。
なんか納得はできないみたいだったけど、まぁ要するに甘えてんじゃねぇよ、と。
まったく、むちゃくちゃすぎてあきれ果てるわー…。



閑話休題。
明日のアニバスからいよいよ洛誠戦スタートですね!!黛さんの声、どんなかんじなのかなぁ…。






さて、今日はこのへんで。

side menu

side_header

プロフィール

響ユラ

  • Author:響ユラ
  • ※とんでもなく腐女子
    ※時として毒舌
    ※事なかれ主義の後ろ向き体質



    …取り扱いは割りと簡単です(どこがだ)


    もう少し詳しい紹介は↓
    響ユラの実体

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カテゴリー

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog