2017-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

第一夜クリア~!

長かったわー…。


イマイチ射影機撮影のコツがつかめないユラです、こんばんわ。


第一夜クリアしたんですが、なんていうか…巴さん可哀想すぎやしないか…。
なんていうか、仕事上の付き合いで仕方なかったのでしょうけど…「見えて」いる分、回避しようと思えば回避できたかもしれないんですよね。

あと、作家先生の動きはトリッキーすぎるww
ムービー入ってからの、作家先生霊と戦闘、って時にあのトリッキーな動き見せられたら笑うしかないww
「ちょwなん…っwなんだそのww動きwwどうしたww」ってなりましたからね。
いや、作家先生も結構いい人そうだったのでお気の毒すぎるのですが、それにしても…もっとマシな動きをさせてあげてほしかったわー…。
そんなわけで、第2夜突入前でセーブしたんですが、射影機で狙ってダメージが一番強く与えられるタイミングを逃しまくりで、万葉丸がんがん使うはめになって万葉丸と十四式フィルム消費量半端ない。
振動ありでやってるので、コントローラーがあらぶるとその余韻でしばらく手がぶるぶる震えて動かしづらいことこの上ないんですけど、あのバイブ機能を切ったら切ったで進めにくいのでねぇ…困ったもんだ。

ちなみに、零プレイ中の私は笑ってるか無表情かのどちらかです。
淡々とホラゲプレイできますが、お化け屋敷は大嫌いです。




そういえば、ぬら孫の千年~の方でない方見たんですが、最後のあたりの玉章君との戦闘中、夜雀によって視界を真っ暗闇に塗りつぶされた若様が、助太刀にきたつららちゃんにカッコつけようとしてつららちゃんにお説教されてるの見て、不意に「姉さん女房」という単語が頭をよぎりました。
そのあとのつららちゃんはもうね…可愛いしカッコよかったですとも!
つららちゃんのカッコ可愛いとこといえば、(当初敵だった)牛頭くんに右足甲を刀で刺されぐりぐりされても怯まないあたり素晴らしいなと。
ただ、そのあと止めをさされそうだったつららちゃんを助けにきた昼若様が、昼若なのに殺意漲った顔でつららちゃんの名前を叫びながら来たので、「!?」ってなりましたけども。…お前どうした昼若……。

まぁなんにせよ…つららちゃんを大事にな、若様…みたいな気持ちになりましたとも。
あ、あと個人的に鴆の兄貴が好きです。いいお兄ちゃんだなぁって。






さて、今日はこのへんで。
スポンサーサイト

side menu

side_header

プロフィール

響ユラ

  • Author:響ユラ
  • ※とんでもなく腐女子
    ※時として毒舌
    ※事なかれ主義の後ろ向き体質



    …取り扱いは割りと簡単です(どこがだ)


    もう少し詳しい紹介は↓
    響ユラの実体

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カテゴリー

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。