2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

ただの修羅場

WC誠凛vs桐皇戦はそんな印象。


黒子っち…恐ろしい子…!!こんばんわ、ユラです。


見てて思ったけど、黒子っちはコート上だとほんと怖いくらいに次々と対策立ててくるよな、って。
イグナイト・廻を2回目でとったりバニシングドライブを目を閉じてなじんだ感覚だけで破る青峰君も相当だと思ったけど、誠凛メンバーが青峰君に次々と抜かれているのに、先回りしなおかつファウルになるようにコース見抜いたり、シュートの精度を落とす誘導かけたりする黒子っちも相当怖い。
シュートの精度を落とすっていっても、どんな形でのフォームレスシュートかの予想を立てないといけないと思うけど、そのフォームレスシュートをうつコースまで誘導かけてたんじゃないかと…。
そうでないと、どの位置で黒子っち自身が青峰君の視界に入るかなんて分からないと思う、んだ…。
かがみんに抜かせて、木吉先輩がブロック、それを横に移動しながらかがみんのブロックを交わしてあの位置からフォームレス、そうするとオーバーフローした黒子っちが視界に入る、なんて、相手の動きとか諸々分かってないとできないこと。
あの今吉さんでさえ驚愕していたくらいだもんな…。
黒子っちの怖さはミスディレ応用の様々な技じゃないのかもしれない…。


本誌の洛山戦が痛々しいし絶望的でみてるの辛い。
これで赤司君にバスケで持って勝利できなければ、赤司君だけが救われないような気がしてそれもまたつらい。
だれかゾーンに入らないのかな…(そんなホイホイ入れてもな…)






さて、今日はこのへんで。
スポンサーサイト

side menu

side_header

プロフィール

響ユラ

  • Author:響ユラ
  • ※とんでもなく腐女子
    ※時として毒舌
    ※事なかれ主義の後ろ向き体質



    …取り扱いは割りと簡単です(どこがだ)


    もう少し詳しい紹介は↓
    響ユラの実体

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カテゴリー

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。