2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

「敗北」を知れば

それでおしまい、なのか。


何か釈然としないユラです、こんばんわ。


まぁ、バスケで生じた軋轢なのでバスケで解決するのが一番なのはわかるんだけどさー…なんかこうイマイチすっきりしないなぁ…。
勝ち続けてきたキセキにたいして「敗北」というのは確かに考えを改めさせるにはいいのかもしれないけど、結局のところ、黒子っちが味わったあの絶対的なまでの絶望感というのは、彼らには分からないんじゃないかなと思ったりします。
だからこそ、キセキと黒子っちはいいバランスで付き合って行けていたのかもしれないけど、それにしても黒子っち一人では荷が重すぎるよね…。
中学時代の段階で、かがみんが言ったように殴って心情を吐露していればどうにかなったとは思えないし、所詮中学生に大人の世界をどうこうする力はないわけで、そんななかで変わっていってしまうキセキ5人をどうにかしようだなんて無謀にほどがあるし、黒子っちは無理する必要なかったとも思う。
でも、やっぱりバスケも彼らも嫌いになれなかった黒子っちは結局自分のわがままと荻原君・持田君の思いをなんとか支えにして前へ進むことを決めたのだから、哀しいほどに強くて優しい子なんだろうなぁと切ない気もちになります。

本当なら、キセキなんてと憎んでも恨んでも許されるような気さえするのになぁ…。

黒子っちはバスケの妖精だろ、やっぱり(やっぱりって何だ)






さて、今日はこのへんで。
スポンサーサイト

side menu

side_header

プロフィール

響ユラ

  • Author:響ユラ
  • ※とんでもなく腐女子
    ※時として毒舌
    ※事なかれ主義の後ろ向き体質



    …取り扱いは割りと簡単です(どこがだ)


    もう少し詳しい紹介は↓
    響ユラの実体

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カテゴリー

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。