2017-06

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

つくづく思うけど

誠凛の光と影コンビの安定感は凄い。


安心できるよね。こんばんわ、ユラです。


アニバスの陽泉戦、火神くんがゾーン入り後。
黒子っちがスティール→火神くんへパスの流れがさすがすぎてもうね…、スティールからパス出すまでに躊躇いがなくてびっくりします。
スティール時点で誠凛メンバー誰一人走ってなかったところをゾーン入りしためっちゃ速い火神くんが、黒子っちの後ろから走って出てきたのも驚いたけど、それを確認せず迷わずパスだした黒子っちも相当だなと。
火神くんがゴールに向かうことを、それこそ「信じて」パスを出したんでしょうけどそれにしても…。
というか、純粋にゾーン入りした相棒相手に通常通りの反応をしてパス普通に出した黒子っちの精神力凄い…。
だって「え…?え…」ってなってないもの。桜井君はなんか「???」ってなってる間になんとなくパス出してたのに、黒子ちは至っていつもどおりにパス出してましたからね。度胸半端ない。


あと、ゾーンについての説明で青峰君と黄瀬くんが氷室さんについてはゾーン入りはないだろうと評してたのがじわじわきます。
ひとつひとつが丁寧でバスケに対しての情熱もあるのにそれでも「ゾーン入りはない」と断言されてしまった氷室さんがなんか切なくてしょうがない。
ゾーン入りの条件満たしてそうなのは氷室さんも黒子っちも同じようなものなのに、キセキにかかると二人への評価がまるで違うのが面白いですけどね。
でも、紫原くんが最後跳べなかった件に関しては、同じチームメイトの氷室さんは気付いてなくて、黒子っちは気付いてたあたり……うん、そういうことなんだろうなぁ…。
ただ、氷室さんと黒子っちは気が合いそうな気もするので、ぜひとも仲良くなって頂きたい。






さて、今日はこのへんで。
スポンサーサイト

side menu

side_header

プロフィール

響ユラ

  • Author:響ユラ
  • ※とんでもなく腐女子
    ※時として毒舌
    ※事なかれ主義の後ろ向き体質



    …取り扱いは割りと簡単です(どこがだ)


    もう少し詳しい紹介は↓
    響ユラの実体

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カテゴリー

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。