2017-06

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

コート上の黒子テツヤ

最弱なのに脅威。


恐ろしいバスケの妖精め・・・!こんばんわ、ユラです。


ゾーンの第2の扉とやらにたどり着いたかがみんがすごいのか、そこまで無意識に導いた黒子っちの精神がすごいのか、そもそも誠凛というチームの絆の強さがすごいのか、もう何がなんだかわからないけども、わかることはひとつ。
黒子っちがここにきてヒロインかつ女神のような存在になりつつあること。

ていうか、洛山勢がみんなゾーンに入った矢先にゾーンの第2の扉を開くというあざ笑うかのような展開にどういう感想を持てばいいのかちょっと・・・。
しかもその扉あけてくれるのが黒子っちとか・・・あれか、黒子っちは第2の扉への片道切符かなんかなんですか?それとも門番なんですか。
どっちみち「光」にとって最高の「影」じゃないですか!まぁ黒子っち自身はとってもとっても無意識なんだろうけどもね?!

あと、黛さんは結局黛さんなんだなと。決して見下すわけでもなんでもなく、ただ淡々とそう思うだけなんだけど、ご本人があれでいいならもういいんじゃないかな!
僕司さんに利用されちゃったことに関しても、やっぱり同情することもかわいそうなんて思うこともできないので彼自身についてはバスケ外での面白キャラを貫いてほしいです。ラノベキャラ万歳。


ここまでの試合見てて思うのは、コート上での黒子っちの状況判断の早さや試合展開の流れを変えるその頭の回転の速さ。
試合経験の数と「キセキ」と同じチームだったこともあるんでしょうが、単純に(赤司君がいうように)スポーツIQが高いんでしょうね。
霧崎戦での独断でパスコース変更に関しても高IQもち二人が計算した作戦を破っているし、WC桐皇戦で青峰君にトリプルチーム仕掛けたことに関しても「高速シュートの精度を落とすため高速シュートをうつ体勢に持っていく誘導」だったあたり、あの子は恐ろしいなと思わずにはいられない。
それも、青峰君が「テツ、てめぇ・・・」と口にしなければ、あの今吉さんでさえ何故あのシュートを落としたのかがわからなかったのかも知れないことを考えると・・・黒子っちマジ・・・。
今の洛山戦でも、擬似エンペラーアイまで使えるまでになったとか、ほんと黒子っちマジ黒子っち。
きーちゃんの擬似エンペラと違うのは「相手」が対象でなく「味方」である点だけど、それも黒子っちらしいなと苦笑しちゃう感じですね。


ああでも、今の試合が終わるまではほんと油断できないんですよね・・・。うわぁ・・・うわぁ・・・・・・!!






さて、今日はこのへんで。
スポンサーサイト

side menu

side_header

プロフィール

響ユラ

  • Author:響ユラ
  • ※とんでもなく腐女子
    ※時として毒舌
    ※事なかれ主義の後ろ向き体質



    …取り扱いは割りと簡単です(どこがだ)


    もう少し詳しい紹介は↓
    響ユラの実体

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カテゴリー

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。