2017-08

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

可哀想、と思うのは楽だけど、

やっぱり各々の視点で経緯がわからないとなぁ。


嫌いにはなれないので。こんばんわ、ユラです。


去年は帝光編の件でいろんな感想や批判等々見てきたけど、結局のところ、キセキたちに関してはヤケを起こして自分達も対戦相手も傷つけてしまったような気がする。
大好きなバスケで、大好きなチームメイトが、大好きな人のいるチームに対してゲスい勝利をおさめてしまったのを見て、黒子っちはもう何がよくて何が悪くて、何を持って”勝利”なのかもわからなくなったんだろうなぁと。
自分の声が届かないチームメイトへの負の感情じゃなくて、声を聞いてもらえるほどあの5人に匹敵する力のない自分と5人の距離が遠くてどうにもならなくて、そんな風に自分達を変えてしまったバスケ自体が嫌いになりかけてしまったんじゃないかという私の勝手な妄想。

一番重症っぽかったのが赤司君だったわけですが、彼は彼で、黒子っちと同じように抱え込むタイプなんだろうなぁ・・・。
赤司君は中学生の身でいろいろ抱え込みすぎたのだろうし、それを弱音と認めて誰かに愚痴る強さもなかった結果がアレなら、黒子っちセラピーが必要なのは青峰くんより彼かもしれないなぁ・・・。

・・・でもまぁ、最終回の黒子っち誕生日ストバス写真を見る限りでは、ずいぶんとみんな幸せそうだったから、中坊だった青峰君が予言してたように、黒子っちに”救われ”たのかも。

黒子っちもキセキも、中学時代のあれこれについて区切りがついているのなら、もう周りが何かをいうのは野暮ってものなんだろうね。



そんなこんなで、アニバス3期をwktkしつつ。






さて、今日はこのへんで。
スポンサーサイト

side menu

side_header

プロフィール

響ユラ

  • Author:響ユラ
  • ※とんでもなく腐女子
    ※時として毒舌
    ※事なかれ主義の後ろ向き体質



    …取り扱いは割りと簡単です(どこがだ)


    もう少し詳しい紹介は↓
    響ユラの実体

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カテゴリー

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。