2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

(」・ω・)」かわ(/・ω・)/いー!

夕莉ちゃんの可愛さたまらない。


逢世さんも儚い綺麗。こんばんわ、ユラです。


濡鴉は最終章途中まで進みました。
うっかり胎内洞窟で道間違えてぐるっと1周しちゃったりしたけど、今のところなんとか無事に・・・・・・とは言いづらいけどほんと、なんとかすすんでます。
あと、十三ノ雫、最初からくろさわさんちでの監視カメラと戦闘でもうね・・・。部屋の中とか狭いところで出てくるのやめてくださいませんかね・・・!!戦いづらいわ!!
そして、狭い廊下であの水にしずんだ女5人による死へのかごめかごめが展開されて蓮さんが死ぬとこでした。
そういえば、あの背の高い女、ずっと浮遊霊あつかいで撮るだけ撮ったら消えてたから冷やかしかと思ったら、終ノ雫でうっかり道間違えて日上山トンネルまで行った際に戦闘相手になって心底びっくりしたし、ぶっちゃけ撮りにくかったです。
おそらくモデルが都市伝説というか、例の土着信仰系の彼女だと思われるので背が高いとかいうレベルでなくて、見上げながらFF狙うとか首痛い感じでした。
ちなみに、そこでの戦闘、背の高い女+つぶされた男+落下してくる女が出てきて、頭上見上げてFF狙ったとおもったら下から這ってくるしその上に女落ちてくるしで、なかなかに大混乱でした。

看取る巫女さんと柩籠にいれられた女については最初から最後までやりづらい相手でしかなかったわ・・・。

・・・十三ノ雫、始まったらぴんぴんしてんの蓮さんだけでなぜか笑いがこみ上げてしまったわけですが、よくよく考えてみたら蓮さんと累くん(こちらははっきりしないけども)以外は女性なのだからそりゃ疲れてるよな・・・。

そんな感じで濡鴉は思ってたより早く進められています。






さて、今日はこのへんで。
スポンサーサイト

side menu

side_header

プロフィール

響ユラ

  • Author:響ユラ
  • ※とんでもなく腐女子
    ※時として毒舌
    ※事なかれ主義の後ろ向き体質



    …取り扱いは割りと簡単です(どこがだ)


    もう少し詳しい紹介は↓
    響ユラの実体

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カテゴリー

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。